Pick Up News

NTR作品の最高傑作とも呼ばれる碧しの(篠めぐみ)の同窓会NTR「絶対に見るべきAV史に燦然と輝く名作」「無駄のないシナリオが高度に結実した大傑作」

2019/10/05 15:00  カテゴリ : レビュー記事  タグ : 碧しの  コメント(2)  
同窓会NTR
高評価作品

同窓会NTR~妻の最低な元カレが盗撮した浮気中出し映像~
配信開始日: 2017/04/22
https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=pgd00949/



出演者
碧しの @shino_aoi0908
https://twitter.com/shino_aoi0908


この作品の評価

碧しの(篠めぐみ)さんの高い演技力と監督の演出、無駄のないシナリオが高度に結実した大傑作です。婚約者が同窓会に出席。どうやら元彼も来るらしい…心配で送り出すけど、だんだん連絡が取れなくなり…自分の彼女も飲み会行って連絡取れなくなることあるから、彼氏にも感情移入しまくり。もうめっちゃ泣けるし、抜ける笑。

心配して眠れない彼氏の場面からホテルで中出しされまくってる婚約者のシーンに移るときのエロさ!外された腕時計(彼のプレゼントかなあ)や鳴り続ける電話の画面に喘ぎ声やフェラの音が重なり、カメラが動くと濃厚な2人の絡みが映し出される。だんだんと元彼に流され、その絶倫ぶりに堕ちていく碧さんの演技力もさすがです。
あ010
服を着て「帰らなきゃ」という碧さんのストッキングをずり下げ、立ちバックで最後の中出し…という展開で興奮度が最高潮に達し、すごい量が出ました。

モテなかったやつにしか分からない被害妄想みたいなのがあって、そういうのが滲み出ててとても良い。根明なやつやモテてきたやつは妻が同窓会に行ってもこんな妬み感じないのだろう。しかし今作は「あー今頃あんなことになってたらどうしよう!」っていうまさに王道のヒガミNTRが展開されて色々自分の脳内と重ねて見てしまう!たまにバックボーンがまったくないネトラレ作品があるがあーいうのは本当ク.ソ!旦那が出てりゃ何でもいいみたいなのはダメ!是非シリーズ化して欲しいです!!!!

これぞ待ってた作品
正直、これまで見てきた寝取られ作品の中で最高傑作だと言っても良いんじゃないでしょうか。
これまでの作品は現実離れし過ぎてて面白くない。
もちろん本当ではないとは分かってても、この作品に関しては寝取られる男の描写が最高です。
あ002
寝取られる女優さんも背徳感を出すなど、ちゃんと雰囲気出てるし。最高です!

徐々に快楽堕ちして、堕ちた後の淫乱ぶりがGood!
元彼にムリヤリ…という設定からだんだんと快感を思い出して堕ちていき、何度もヤラれて完堕ちするという、最近かなり増えてきた寝取られモノにありがちなストーリーだけれど、ここまでちゃんと描写しているのはほとんどないんじゃないかと思います。

堕ちた後の乱れっぷりもすごいし、女優さんの演技力は素晴らしい。

完璧なNTRですね。恐らく元ネタは「咲子さんノ男性事情」という同人誌でしょうか。
数年前にNTR界隈に革命を起こした伝説のマンガです。
女性の帰宅を待つ焦る男と一晩に同一人物に何度もヤラれる女の描写が交互に展開し
過剰な演出をせずに女が堕ちていく様子を丁寧に描いた作品です。
また彼氏目線にさせるので彼氏から彼女に場面展開するたびに破壊力が増します。
まさかこのコンセプトの映像化が見れるとは思いも寄りませんでした。
女優の篠めぐみさんも大好きな女優さんですし終盤に彼女が元カレに好きだと連呼する展開も最高です。僕にとっては夢のようなAVです。
マンガは今でも使うほどの殿堂入りですがこのAVも入りました。

これが本物の女優だ
まず評価したいのが、女優の容姿、演技力。ともにトップクラスだ。
あ001
次いで、ストーリーも○。最初は抵抗している彼女が徐々に堕ちていくストーリーが、丁寧に描かれている。
女優とスタッフが良いととてもいい作品が生まれる典型。
男優の言葉攻めも○。スタッフ一同に感謝。

絶賛する方々が多いのも頷ける
被害妄想やコンプレックスを刺激する仕掛け方が上手い

そのポイントは地味だが、わりとリアルで、あるある感があってイチイチ響く
元カレに無理に口説かれて浮気してしまう女のプロセスと心情の変化が良く分かるし、そこに嫉妬して勃起したい人にはオススメ
あ006
「こういうの(プレイ)好きだったよね」といった過去を振り返る台詞が幾度かある
「同窓会もの」の作品は沢山あるが、単に「元カレとやっちゃった」というものばかりの中、この作品は、
①当事者同士が過去の若い頃のセックスを思い出しながら快楽に浸っている
②夫は、妻の過去(やセックスの記憶)には手が出せない
③夫である自分はセックスを含めて何となくチョット自信が無い
という3点を上手く「同窓会もの」としてまとめ上げている

NTRものは、③ばかり強調されて(「旦那より気持ち良い」とか)、それで事足れりとする風潮がある中、この作品は①②③を上手く絡めており、これはとても良く考えられた構成だと思うし、また、女優の好演が意外だった

個人的には、女からの挑発が無いものは何かと物足りないということもあり、話の収まり方に微温感を感じるが、これはこれで良作だと思う

NTR作品としてツボを押さえていて、シチュエーション的に入り込みやすかったです。
篠めぐみは演技が上手く、やはり可愛らしくてドスケベでした。

ただ、婚約者の大根役者をもう少し何とかして欲しかったです。
待っている間に寝てしまうのも最低。帰ってきた彼女を問い詰めたり、無理矢理セックスしようとして拒否られたりという(中出
し後だからねw)展開を見たかったです。
多分、演技力的に無理だったんでしょうね・・・。
時計やLINE履歴などを効果的に使っている点も臨場感があり良かったです。

過去に激しく愛し合った元彼という前提が、数時間で完堕ちする流れにリアリティを与え、
また、何度発射しても衰えない絶倫設定が程よいファンタジー感を演出していて、妙に納得してしまう絶妙な仕上がりになってました。
托卵までほのめかす展開ながら、最後にその不貞がバレた事はせめてもの救いですね。
ストーリー的にも上手くまとまっていて良かったです。

主演女優の碧しのも素晴らしかった。
シックスパックに割れる腹筋など体の仕上がりは完璧ですし、体の見せ方も天才的。
あ003
背徳感に苛まれる苦悶のアエギから、ラブラブビッチ姦まで変化していく演技も最高でした。

個人的に一番興奮したシーンは後半戦の背面騎乗位。
杭打ち腰振りしつつ、頭を下げて結合部越しに相手の顔を見つめてくる場面。
常にカメラ位置を意識してる女優さんならではの天才的アングルで、悪魔的なエロさでした。

これは最高のNTRシチュです!
今までどのNTR実写物はしっくりとこなかったけど評価が高く興味が沸いたので購入、、、結果は大満足です。
過程も演出もGood!NTRが好きな方は大変満足良く仕上がりです。

この監督さんは解ってらっしゃる、今後の作品に期待持てます。
抜きどころ満載です、是非どうぞ!

これはいい
しの ちゃんの髪型が妙に可愛い。着衣での最後のバックは最高
あ009
しのちゃんは 黒パンストがバッチリあう。いい作品でした

されたら絶対イヤだけど、AVの中では一番好きなジャンルNo.1
同窓会に参加した婚約を控えている妻が、昔の男と再会をして再び関係を持ってしまうシンプルな作品。

余計な演出などはなく、最初は抵抗していた碧しのちゃんも婚約者とは対照的な元彼の巨チンと何度でも勃つ絶倫になし崩し的に落とされて、別れ間際まで着衣のまま犯される長丁場な作品に愚息も抜くタイミングを失って3回ほど見直してます。
先のレビュアーさん方も仰っているように、婚約者が帰りを待つ部屋で何度も時計が映るシーンでは見ているこちら側も緊張感にかられて、寝取られている碧しのちゃんに対し興奮がさらに増します。
ここ最近は過去の女優が「人妻」役で作品に帰ってくることが多いので下手な新人女優よりも当たりが多い気がします。

嫌がる中にも、酔うと元カレがエロくなると知っていながら飲みの誘いに乗るなど、寝取られ好きをくすぐる絶妙な仕掛けが効いている傑作だと思いました!!
碧しのちゃんもとても良い演技でAVにありがちな安っぽさがありません!
可愛らしさと色っぽさの両方を持っている稀有な女優さんです!!

これは紛うことなき本物の作品。
監督は相当の寝取られフリークなのだろう。
そうでなければこれほど素晴らしい作品は撮れないだろう。
『彼氏(夫)からの着信音とともに響く、腰のぶつかり合う鈍い音』という状況におけるカメラワーク。
流されまいと抵抗しながらも女としての悦びには抗えず堕ちていく様の表現。

これは最高や堅苦しい言葉でごちゃごちゃ言うとる場合とちゃう勝ってよかった!!

とてもリアルで最初は嫌悪感すら持ったが…
大事な部分はしっかり抜けるように作られてて
演技力の高さや、焦らした脚本が空回りしていない。
こんな作品が観たかった!!
これは素晴らしい!としか言いようがないです。
この監督、天才か!?

最初の困惑しつつ抵抗する表情から、後半の受け入れていくくだりは寝取る側の男の征服感と「ああ...」と言う婚約者側の喪失感を両方感じれて上手いと思わされる。

良い作品ですね~

寝取られ系では最高傑作ではないかな?と思います
今のところこの作品を脅かす作品が見つかりません
何気にプレイ中、お腹のタプタプ水の音が聞こえるのも飲み会で酒をいっぱい飲んだ後なのかな?と細かいところまで作られてます

絶対に見るべきAV史に燦然と輝く名作。
映画的な余白を残した表現に碧しの(篠めぐみ)の圧倒的な表現力が冴え渡る名作中の名作。
「もう一回」の表現をフェラからのベッドに押し倒して布団被って喘ぎ声で時計からの添い寝なめの後ろから撮ると精子が溢れてる、とか、いつもこうだったよね、と過去の激しい交わりを想像させるとか、全部を見せずに想像力を掻き立てる表現が徹底していて、かつそれを碧しのの高い演技力が支えている。

ちょっとした相手を見る表情で心情の変化を表現したり、何よりフェラチオのバリエーションがすごい。舐め方っていくらでもあるんだなぁと感心する。
そしてさんざん精子が溢れてるカットを見せておいて、最後の方で「あなたとしか生でしたことない」ってそりゃ帰り支度の途中で襲いたくもなるわな。
セックスってハメればいいってもんじゃないって改めて感じさせてくれる。
これで満点つけなきゃ何につけるの?ぐらいの文句なしの満点。

映像の内容質ともに素晴らしいの一言につきます。途中から女優の表情がガチでセクロスを味わっていたところがポイント。
あ007
欲を言えば、彼氏役の男がもっと悔しがる様子を見せてほしかった。胸糞悪ければ悪いほど作品としての完成度は上がると感じているので。次回からはその辺に期待したいと思う。

これはメチャクチャいいです
この子よりタイプな顔の女優はいますし、スタイルの良い女優も多くいます?
しかしタイトルに偽りなしの、このシチュエーションでの罪悪感あるのに、感じてしまう表情は必見です
あ005
何度も観てますが、たまに撮影でないのかもと思ってしまう位の生々しさや表情、声のトーン
なかなかお目にかかれるレベルの作品ではないですよ

シンプルにして精巧
内容はシンプルであるが非常にわかり易く、感情の変化が見えて来るようでした。
本音と建て前が崩れ去る瞬間が官能的ですね。
あ004
女優さんの演技も良かったと思います。
大袈裟でも拒絶と肯定の表現が上手に演じられているように見えました。

女優力を見せつけられる
NTRとタイトルつけて何の関係もない作品が乱立してますが、この作品はNTRとしてちゃんと成立している作品です。
傑作と言って良いでしょう。
この作品を支えてるのは素晴らしい程の女優力だと思います。

どこをとっても背徳的でエロい。
こんな寝取られものの作り方があったとは!
あ008
前半は抵抗されるが無理やり、後半は自ら望んで、執拗に中出しして、どろりとこぼれ落ちる精液がなんとも淫猥。


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もオススメ

「レビュー記事」カテゴリの最新記事

ランダム記事

コメント
  • 名無しさん 投稿日:2019/10/05(土) 20:19:00

    これに匹敵するくらい素晴らしい作品が
    西宮このみちゃんの
    ルームメイトNTR ~同棲中に居候してきた親友と彼女の浮気中出し映像~
    なんですけどもう売ってないんですよね

    あの西宮このみちゃんはめちゃくちゃ良かったです
    • 名無しさん 投稿日:2019/10/05(土) 20:44:16

      …このFANZA評価高めの監督に黒星付けさせてる「たかしょう」の凄さ(ある意味での)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
期間限定セール(毎週作品更新)
注目のセール作品
仲村みう 新作
Monthly Archives

2019年 10月 【157件】
2019年 09月 【262件】
2019年 08月 【259件】
2019年 07月 【251件】
2019年 06月 【206件】
2019年 05月 【244件】
2019年 04月 【248件】
2019年 03月 【255件】
2019年 02月 【231件】
2019年 01月 【226件】
2018年 12月 【250件】
2018年 11月 【259件】
2018年 10月 【275件】
2018年 09月 【249件】
2018年 08月 【242件】
2018年 07月 【253件】
2018年 06月 【224件】
2018年 05月 【254件】
2018年 04月 【248件】
2018年 03月 【276件】
2018年 02月 【220件】
2018年 01月 【193件】
2017年 12月 【194件】
2017年 11月 【241件】
2017年 10月 【199件】
2017年 09月 【172件】
2017年 08月 【177件】
2017年 07月 【178件】
2017年 06月 【154件】
2017年 05月 【182件】
2017年 04月 【198件】
2017年 03月 【226件】
2017年 02月 【193件】
2017年 01月 【173件】
2016年 12月 【187件】
2016年 11月 【189件】
2016年 10月 【183件】
2016年 09月 【155件】
2016年 08月 【116件】
2016年 07月 【109件】
2016年 06月 【102件】
2016年 05月 【80件】
2016年 04月 【109件】
2016年 03月 【104件】
2016年 02月 【146件】
2016年 01月 【160件】
2015年 12月 【145件】
2015年 11月 【178件】
2015年 10月 【173件】
2015年 09月 【130件】
2015年 08月 【108件】
2015年 07月 【98件】
2015年 06月 【106件】
2015年 05月 【90件】
2015年 04月 【115件】
2015年 03月 【110件】
2015年 02月 【75件】
2015年 01月 【78件】
2014年 12月 【91件】
2014年 11月 【84件】
2014年 10月 【78件】
2014年 09月 【84件】
2014年 08月 【73件】
2014年 07月 【64件】
2014年 06月 【40件】
2014年 05月 【12件】

Search form
QR code
QR
Elog Link